2015年10月31日

鈴木眞澄のフラメンコレッスン 自宅でマスター プラソのコツ

 美しいプラソのライン作るには?
鈴木眞澄先生の自宅でマスターフラメンコレッスンDVDでは、初心者からでも簡単なようでできない
マノやプラソの手の動きをマスターして、華麗なフラメンコを踊れるようになれます。

furamenko05.JPG

>>鈴木眞澄のフラメンコレッスンの詳細を見てみる



腕(プラソ)は、肘を意識して動かすなど、女性の踊りでは重要ですね。
腕から指先にかけてのしなやかなプラソのラインは、華やかさを踊りにもたせる上でとても大切です。


そして、手(マノ)を回している時以外は手首を真っ直ぐに伸ばして、長くて美しいプラソのラインを
作りましょう。
これが基本です。


また、腕が上体の前にあるフラメンコの振りやスカート(ファルダ)持って踊る時は、手首がまがって
しまいがちになっていたり、スカートを離した直後などは手首が曲がることも多いので、手首は自然に
伸ばし曲げないように注意する必要がありますね。


手首が折れて曲がっているとフォルムが崩れてプラソのラインが短く見えてしまい、美しくありません。


ですが、フォルダーの持ち方も、荒々しくフォルダーをわしずかみするような振りもあるなど、そうした
振りの時は、あえて手首を曲げたり、立てたりする場合もあります。


また、手首を伸ばして長いプラソの美しいラインが出来ない時は、肘が下っていたり、脇に余分な力が
入って入ることがあります。
そうした時は、プラソに意識がいっていないので、手首が曲がりやすくなります。


いずれにしても、女性の踊りではプラソの美しさは重要です。
手キビを曲げて肩から続くラインを崩さないように気をつけて、プラソを最大限に長く、大きく見せる
ことでフラメンコにスケール感が出てきます。


そして、プラソは腕だけでなく背中や胸の真ん中から羽が生えているようなイメージでおdると良いです。
また、プラソをあげたときには、肩が一緒にあがらないようにしましょう。
肩があがってしまうと、首筋が縮んでプラソが短く見え、美しく見えません。


なお、フラメンコが上達するには、自分の身体お欠点を気にするのではなく、自分の美しさを見つけて
いくことが大切です。
どうしたら、自分の身体が美しく見えるのかを考え、それを表現することこそが、フラメンコに重要な
ひとりひとりの個性となります。



ただ、フラメンコ初心者の方は、まず基本をマスターしてこそ、その後の応用も効かせられ、自分なりの
個性のある踊りも出来るようになるので、自宅でしつかり基本をマスターすることが大切でしょう。


鈴木眞澄のフラメンコレッスンの詳細を見てみる




2015年07月30日

鈴木眞澄のフラメンコレッスン 自宅でマスター パルマスのコツ

 リズム感や体力がなくても自宅で短期間で上達!
鈴木眞澄先生の自宅でマスターフラメンコレッスンDVDでは、初心者からでも見せ場となる
手の動き方から手を叩いて手拍子を取るパルマスなどもしっかり出来るようになれます。

furamenko032.JPG

>>鈴木眞澄のフラメンコレッスンの詳細を見てみる



フラメンコでは手を叩き手拍子をとることをパルマスと言いますね。
そして、カスタネット意外にこれといって打楽器を使わないフラメンコの演奏は、足の裏や手のひら、
手に持った杖なども重要な打楽器の役割をします。


ですが、フラメンコをやったことがない初心者の人から見れば、どうして手を叩くと、あんなに大きな
音が出せるのかと驚く人も少なくありません。


では、どうすればそのような大きな音が出せるのでしょうか?
普通に手のひらを平らにして叩けば、パチッと高い音がして、痛いだけで大きな音は出ないものです。


ですが、一方の手のひらに、もう片方の手のひらを90度ずらして合あせることで、低い大きな音が
出せるようになるんですね。
これが低い大きな音を出すコツです。


更に、指で手のひらを打つと高い音が出せるようになれます。
また、「リズム感がない」 と悩んでいる人も少なくありませんが、フラメンコのリズムに乗るににも
元々持っているリズム感ではなく、ちょっとしたコツを知るだけで、初心者の方でも楽しく上達
できます。


このようにふラメンコはちょっとしたコツを知って練習することで、劇的に上達することができるん
ですね。
何より、フラメンコは年齢に関係なく、やりたいと思った時が始め時です。



とは言え、いきなり教室に通うというのは、抵抗があるという人も多いですし、近くにフラメンコ教室が
ないこともあるでしょう。


そうした時に、この鈴木眞澄先生の自宅でマスターフラメンコレッスンDVDは、まったく踊りにも
関わったことがない方に、見るだけで、「これならわかる!」と言わしめた方法なので、一生の
趣味として楽しみたい方は、はじめのお手本としては最適な教材と言えるでしょう。

鈴木眞澄のフラメンコレッスンの詳細を見てみる





2014年06月17日

鈴木眞澄のフラメンコレッスン 自宅でマスター 手の動き

 美しいマノとプラソの手の動かし方ができていますか?
鈴木眞澄先生の自宅でマスターフラメンコレッスンDVDでは、始めたばかりの
初心者でもフラメンコ独特の動きを体の各パーツを使って、リズムよく踊るための
練習方法を知ることができます。

flamenco.JPG
DVD2枚組(トータル113分)マニュアル冊子(113ページ)

>>フラメンコレッスンの詳細を見てみる



フラメンコの見せ場となる手の動きをマスター出来ていますか?


女性らしい優雅さや重厚さを出すにはマノとプラソの動かし方のコツを
知ることで、魅力的なフラメンコが踊れるようになるものです。
また、正しい姿勢はマノとプラソの基本的な条件ですね。


ですが、肩や肘、手首の連動した美しいプラソのラインや、マノの
手の動きがうまくできない人が多く見られます。


そして、マノは指先まで神経を行き渡らせるように意識した手の動きをする
ことで様々な表現を出すことが出来ます。


そして、指や手首も出来るだけ大きく動かし、それぞれの指1本ずつ独立させて
動かすように、マノを行うと踊りが華やかになります。


また、マノは内回しと外回しがあり、これを連動して八の字を描くように動かす
ことも多いです。


また、手首を自然に真っ直ぐ伸ばして、プラソから指先にかけてのしなやかな長い
ラインを作ると、踊りの華やかさが増すものです。


そして、特に女性の場合は、プラソを最大限使って長く大きくするように見せると、
フラメンコ自体ににスケール感が出て、美しさが表現出来ます。


ですが、プラソを動かす時には、気をつけなければいけないポイントがあります。
それは、腕を上げる時には、肘から必ず上げることです。


手首は肘についていくようなイメージで、最後に指先を上げるようにします。
逆に、下す時は指先からおろし肘は最後についていくように肘を強調すると
フラメンコならではなの優雅さや力強さを表現できます。


そして、この鈴木眞澄先生の自宅でマスターフラメンコレッスンDVDでは、
ゆっくり解説しながら、映像で分かりやすく見せていますので、普段理解でき
なかったマノとプラソの手の動きなども分かってくることで、より華麗な
フラメンコを踊れるようになれる筈です。



そんな、簡単なようでできない手の動きをマスターして、華麗なフラメンコを
踊れるようになりたい方は、自宅での上達するための練習には、最適なお手本と
なるでしょう。

フラメンコレッスンの詳細を見てみる